令和2年度 RIST技術検討会「ロボット活用」について

                          技術検討会「ロボット活用」
世話役 熊本県産業技術センター 道野

 

時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
本検討会は、新型コロナウイルスの感染拡大の状況に鑑み、3密回避に配慮して
今年度の活動は基本的に個別の対応(活動)としたいと思います。

以下の件などで、ご興味があれば気軽にご連絡ください。

・DOBOT Magicanを操作してみたい
https://afrel.co.jp/product/dobot
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nmc/18/00065/00003/

・ロボットSIerに相談したい
https://www.farobotsier.com/

・産業用ロボットを見てみたい、操作してみたい

など ロボットに関する相談があれば気軽にご連絡ください。
個別に対応(活動)させていただきます。

連絡先 熊本県産業技術センター 道野(みちの)
michino@kumamoto-iri.jp
096-368-2101

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
本検討会の目的:
近年、生産年齢人口の減少に伴い、人間と協働で作業ができる協働ロボットが
注目を浴びている。中小企業においても協働ロボットの導入に大変興味を持って
いるが、費用対効果が明確にならず、導入に踏み切れていない。
本検討会では、安価な卓上ロボットを用いてロボットの特性などを理解してもらい、
またロボットSIerなどの専門家の意見を聞くことで、ロボット導入の一助を実施する。
また、併せて卓上ロボットに機械学習等を実装して、ロボットの新しい活用(サービ
スや利用方法)を検討する。

活動内容:
ロボットの産業導入検討
○ロボットの活用(どのようなシーンで有効か等)について議論する。
○実際の導入についてロボットSIerを中心に検討する。
ロボットの新しい活用検討
○卓上ロボットの利用方法を学ぶ。
○無料のAIサービスや自身で開発した分析技術を卓上ロボットに実装し、
新しい活用を検討する。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+